即日融資の金利は高いのか

MENU

即日融資の金利は高いのか

即日融資の金利が高いと言われたのはかなり昔の話であり、今は低金利で借りることができます。即日融資が可能なローンといえば、主に消費者金融と銀行のキャッシングでしょう。キャッシングは広義ではカードローンやフリーローンなども含みます。昔は即日で借入できるローンは総じて高金利に設定されていましたが、現在はほとんどが18.0%以下に抑えられているのです。即日でも数日かかっても金利が変わることはないのです。

 

融資日数と金利が比例しなくなった理由には各社の競争も関係しているでしょう。消費者金融から借入するときには、複数社と比較する方が多いでしょう。今はネット検索によって簡単に比較できるので、すぐに一番低金利のローンがわかります。他社よりも金利を高く設定していると利用者を確保しにくいわけです。銀行のカードローンの利用者が増えた理由にも、消費者金融より金利が低いことがあります。

 

現在は即日融資などの日数の問題よりも、どこで借入するかによって金利が左右されます。消費者金融の多くは18.0%以下としており、初めて借りるときは15.0%より低くなることはまずありません。銀行の場合は初回から15.0%未満で借入することが可能なので、利息面で見ると銀行が有利になっています。最近は銀行のローンも即日融資が当たり前になってきており、消費者金融と使い勝手も変わりません。ただし、審査のハードルに関しては現在でも消費者金融より銀行のほうがやや高いです。

 

銀行が低金利で融資できる理由は、融資対象を厳選しているからです。申込者に対して返済能力を高く求めるため、必然的に審査は厳しくなってしまいます。審査を有利にするためには、希望額をいかに減らしていくかが鍵となります。30万円未満で申込すれば、銀行のローンも即日融資を受けられる可能性が高いです。ただし借入件数が多い状態だと落ちてしまう可能性があるので、借入先が多いならば一本化ローンでまとめる必要性もあるでしょう。